新潟の整備工場 ~ Auto Service Ito ~

新潟市西区の車屋『オートサービス・イトウ』のブログです。 

カテゴリ:作業実績分類 > キズ・ヘコミ修理

飛石で塗装が剥げた箇所がサビて来たボンネット。

A2814541-A33D-48D7-AD17-95FAF7061947

こんな程度でも塗装で直すとウン万円

ごくごく小さいキズなので今回はタッチペンでの補修となりました。

32B6CD07-79FA-46BF-B12D-9A177B501CE4

タッチペンはホームセンターや量販店でも購入出来ますが、メーカーからもちゃんと販売されてます。

もちろん当店でも購入可能です。値段も変わらないので純正がイイですよ!

今回はパールホワイトという事でベースとパールの2本のタッチペンが必要です。



まずはサビの部分だけをマイクロドライバなどで削り取り。他の部分にキズを付けないように注意!

塗装にの上に付いたサビをコンパウンドで取ってパーツクリーナーで脱脂後に塗っていきます。

8D257337-A6CD-43B8-8BA8-CAE944182C56

まずは白のベースを塗布。見えにくいけど…

塗るというよりもハケにごく少量塗料を付けてキズに置く感じ。

10分ほど放置してベースが乾いたらパールを乗せます。

1C465A2A-41AB-463A-BA0C-5969A8D7D992

ベースが乾く前にパールを乗せちゃうと塗料が混ざってしまうのでしっかりベースを乾かしましょう。

パールも乾いたら補修完了です。



今回は点キズ補修の紹介でしたが、線キズ(擦りキズ)を塗る場合は薄く2〜3度塗りで仕上げましょう。

1回で決めようとすると塗料が垂れちゃったりしますよ。

ポイントは薄く重ね塗りです‼️







塗装の下から錆が浮き上がってボコボコ状態になったワゴンR。

DSCN0211

結構浮き上がってますね。これは見えていないところまで錆が広がっていそうですね。

再発防止のためにはパネルをカットして交換した方が良いのですが費用もかかってしまいます。

見えないところで広がってしまっている錆を最大限削り取って補修します。

DSCN0219

浮き上がった所を削ったら大きな穴が開いてしまいましたね。

内側の鉄板まで穴が開いてしまわなかったのは幸い。

DSCN0221

塗装の下の錆を追っていったらだいぶ上の方まで来てしまいましたね。



そして修理後に見えない錆が進行してしまわないよう、転換材と錆止めをガッツリと吹き付けた後に…

DSCN0233

樹脂で穴埋めをしてパテで形を整え補修完了。

このあとの工程は写真を撮るのを忘れてしまったけど、キレイに塗装を施して修理完成となりました。




損傷したアクアのバンパーの交換作業。

IMG_1170

テールランプにもヒビが入ってしまっているので一緒に取り替えます。

FullSizeRender

幸い内側のパネルは無傷でした。

これなら部品交換だけで済みますね!

IMG_1171


取替完了。

今回の作業なら1時間ほどで作業完了します。



右後ろ側部のスリキズ&ヘコミ修理です。

FullSizeRender

バンパーは取り外して修理、ペーパーで削った後に深いキズはパテで補修。

ボディ側はある程度引き出してなるべく平らに整えた後パテで補修。


塗装は3コートパール塗装、白→パール→クリヤーの順で吹き付け仕上げます。

IMG_0964


乾燥後、磨きをかけて完成。

キレイに修復できました。


フェンダー、ドア、ステップの損傷。

ドアとステップは補修します。フェンダーは取替で…

FullSizeRender

写真がヘタクソなんでフェンダーは損傷が分かりづらいですね σ(^_^;)

補修も可能ですけど、新品交換しても数千円の差しかないという事で交換しました。

FullSizeRender

キレイに仕上がりました!

状況に応じてベストな修理プランを提案させていただきます


このページのトップヘ