新潟の整備工場 ~ Auto Service Ito ~

新潟市西区の車屋『オートサービス・イトウ』のブログです。 

カテゴリ:作業実績分類 > オートマオイル交換

約10万kmATF(オートマオイル)無交換のアトレー。

ATF全量交換の前にオートマ内部の摩耗チェック(コンタミチェック)してATF交換可能か診断します。

IMG_1545

それなりに汚れはありますが内部の摩耗は問題なさそうです。

これならATF交換による不具合が出る可能性は低いと思われます。

IMG_1546

という事でおなじみのトルコンチェンジャー『トルコン太郎』でATF圧送交換開始です。

1回目の圧送交換で内部のクリーニング、2回目の圧送で新品オイルに近い状態まで入れ替えます。

FullSizeRender

左が新しいオイル、右がミッション内のオイル。

ほぼ同じ色になりましたね。

試運転&オイル量チェックで作業完了です。


過走行で1度もATF交換をしたことのない車、中古車購入等で交換歴が不明な車はATF交換前にコンタミチェックでオイル内の鉄粉の有無で交換可可否のチェックをおすすめします。


12ヶ月点検ご依頼のNワゴン。同時にCVTフルード(オートマオイル)の交換も。

IMG_1479

バッテリーやブレーキ、その他各部しっかり点検しますよ。


そしてCVTFの交換。

走行距離は40,000km弱、今回はトルコン太郎の出番は無しです。(この車は圧送出来ないんですが…)

IMG_1480

オイルパンから抜いた分のオイルを注ぎ足す交換方法で。

トルコン太郎で圧送交換しない場合におススメするのがこのオイル

IMG_1481

ワコーズCVTFプレミアムスペック

ミッション内に残ったオイルと混ざってもしっかり仕事をしてくれるオイルです。

ちょっと高いんですけど…σ(^_^;)


という事で、オイル交換方法によって使うオイルを提案させていただいています。




約15万kmでATFオートマオイル無交換のレガシー。

前もってコンタミチェッカーでAT内の異常摩耗検査をして、若干の摩耗はあるけど交換可能レベルだったのでトルコン太郎で全量入れ替えます!

DSCN0196

今回は20Lを使って内部洗浄と入れ替えをします。

DSCN0198

まずは5L入れ替えて新しいATFの洗浄効果を利用して内部のクリーニングを.....

真っ黒ですね~。奥の新油と比べると良くわかりますね。

DSCN0200

さらに5L入れ替えて再びクリーニング。

少し赤っぽくなりましたかね?

2回のクリーニングの後、レガシーのオートマオイル全量10Lを入れ替えます。

DSCN0208

ほとんど新油の色と同じになりました!

入れ替えた後もトルコン太郎のフィルターラインを通してクリーニングを10分。

DSCN0210

最後にオイル量をチェック&調整して作業終了。

試運転で変速ショックなどがないか確認後引き渡しとなりました。

過走行車の場合はコンタミチェックをすることで安心してATF交換ができますよ!










約8万km走行のジムニーのATF(オートマオイル)の交換依頼。

8万km無交換という事でまず試運転とAT内の摩耗チェック。(コンタミチェック)


オイル自体の汚れは”大”ですがオートマ内部の異常摩耗はありません。


という事で早速ATF交換に入ります。

おなじみトルコン太郎をオイルクーラーラインに接続します。

FullSizeRender

汚れてますね~

IMG_1140


まずは4LのATFを圧送交換+クリーニング

IMG_1141



まあまあキレイになってかろうじてフィルターが透けて見えるようになりました。

IMG_1142


さらに4L圧送交換。


合計8L使用でほぼ新しいATFと同じ色になりましたね



オイルクーラーラインを元に戻して油量チェック&試運転。

出だしと変速がスムーズになりましたよ!




45,000km走行のNボックスのCVTフルード(俗に言うオートマオイル)の交換です。

ホンダのオートマ(CVT車)は40,000km毎の交換がメーカー推奨です。

使用オイルはこちら

FullSizeRender

ワコーズCVTフルード  プレミアムスペック   お値段ちょっと高めのオイルです。

一番の特徴はオイルパンから抜いた分だけ補充する部分交換でもしっかり性能を発揮するという事。

45,000km走行なのでメーカー推奨通り部分交換でも良いですが今回は全量交換を実施します。

IMG_1017

全自動交換機「トルコン太郎」をオイルクーラーラインに接続。

圧送でオートマ内部のオイルをほぼ全量入れ替えます。

FullSizeRender

CVTは汚れますね……真っ黒です。σ(^_^;)

FullSizeRender

(左)新しいオイル  (中)オートマ内部のオイル  (右)抜き取ったオイル

新しいオイルを入れながら汚れたオイルを抜き取ります。

FullSizeRender

(右)もともと赤色のオイルが入れ替わり(左)親油の色に近づきましたね。

FullSizeRender

まだ若干前のオイルの色が付いてますが9L使用でほぼ入れ替わりましたかね?

オイルラインを元に戻して油量チェックで作業終了。



走りがだいぶスムーズになりましたよ



今回のNボックスは初期型でオイルクーラーラインがあるタイプでしたが、最近はオイルクーラーラインが廃止された車が増えています。

オイルクーラーラインがない車は基本的に圧送交換は不可となります。(トヨタの一部車とスズキ車はアタッチメントを用意しているため圧送交換可能)

圧送交換交換の可否は現車確認にて判断させていただきます。









このページのトップヘ