新潟の整備工場 ~ Auto Service Ito ~

新潟市西区の車屋『オートサービス・イトウ』のブログです。 

カテゴリ:作業実績分類 > 故障修理・整備

エンジンがバタつく、吹け上がりが悪い、スピードが出ないとの事でご入庫。

FullSizeRender

スパークプラグに電気を送るイグニッションコイルが1本壊れていますね。

1本だけ変えても今後2本目3本目も壊れる可能性もあるので3本同時に交換します。

走行距離も10万km超えていたのでスパークプラグもチェック。

FullSizeRender

焼けて減ってますね〜。これではキレイな火花は出ませんね。

こちらも同時交換しましょう。

FullSizeRender

という事でスパークプラグとイグニッションコイルを全数交換。

IMG_1573

最後に診断機で警告灯を消灯して修理完了です。

気になる症状も全て改善しました。








ブレーキペダルを踏んでも踏みごたえがなく効きが悪い。メーター内のサイドブレーキランプも点灯しているとの事で入庫したジムニー。

DSCN0167

ブレーキフルード(ブレーキオイル)が漏れて、リザーブタンク内のフルードの量が減ったことでランプが点灯しました。

ブレーキもスカスカ。すごく危険な状態でした。

18-09-08-14-01-31-057_deco

オイル漏れを起こしている箇所はココ。

後ろのブレーキパイプが腐食によって穴が開いてしまってます。

DSCN0170_1

このパイプを取り替えてブレーキフルードを補充、エアー抜き作業をして修理完了です。

バッチリブレーキが効くようになりました。


こういう腐食による故障は、塩害ガードなどの錆止め塗装を施すことで予防できます。

新潟の冬は塩カルでの塩害がありますからね。

冬になる前に塩害ガードの施工を検討してはいかがでしょうか?





マフラーを吊り下げるステーの部分が腐食で溶接が取れてマフラーが宙ぶらりんになった車。

左右のマフラーと分岐点の3か所がとれていて、分岐点だけ金属バンドで応急されてました。

左右のマフラーの損傷部分は溶接修理もバンドで固定も出来ない状況でした。

他店で相談したらリサイクルパーツを使っても約10万円かかると・・・

近々乗り換えるのでとりあえず何とかできないかという事で当店に相談に来られました。

DSCN0154

いろいろ考えて施した処置はコレ。

U字ボルト等を利用して車両のゴムサポートに固定してみました。

修理費用が約10分の1程度で済みました!

今回は応急的で良いとの事、ゴムバンドがイイ位置にあった事でこのような応急処置が出来ました。

FullSizeRender

タイヤがペッチャンコの状態で来店されました。

少しくらいなら大丈夫だと思っての事らしいのですが…

FullSizeRender

タイヤボロボロになっちゃってます。

こうなると修復不可能。交換しかありません。

もともとはクギか何かが刺さってパンクした様ですね。

IMG_1290

空気が抜けた状態で走行しなければ修理できたかもしれませんね。


タイヤがペッチャンコになってたら近所でも走行は厳禁ですよ〜


ガソリンスタンドにオイル交換に行ったらオイル漏れしているとの事でご来店。

早速点検してみますが汚れで漏れ箇所が特定出来なかったので洗浄後に再チェック。

FullSizeRender

見つかりました!

エンジンをかけるとオイルクーラーの取付部からにじんで来ますね。

オイルクーラー内のパッキンに不具合がある様なので交換します。

IMG_1286

オイルクーラーを外すとオレンジ色のパッキンが見えてきました。

目で見ても分かりませんが、ゴムが硬化して痩せた事で隙間ができてしまったのかな?

新品に交換後、バッチリ漏れは止まりました。




このページのトップヘ