2018年04月12日

走行中のコトコト音の修理

走行中に左前辺りからコトコト、大きめの段差があるとゴトン!と音がするセレナの修理のご依頼。

左前のショックアブソーバからオイル漏れがあります。

DSC_0420

この部品をリサイクルパーツに取り替えます。

DSC_0421
DSC_0422

取り替え後にロードテスト(試運転)

断続的に起こるコトコト音は解消しましたが、段差を越えるとゴトンという音はまだ残っています。

再度リフトで上げて足回りチェック。

18-04-12-19-58-33-163_deco

矢印部分のサスペンションメンバー(エンジンや足回りを支える土台)のゴム部分が損傷しているようです。

この型のセレナは良くある症状の様で、新車登録後9年まではメーカーで無償修理できましたが残念ながら補償切れでした。

しかもゴム部分だけで部品提供は無くメンバー丸ごと交換となるようで、修理費用は約8万円ほどかかってしまいます。

リサイクルパーツも対策後の物が来るか分からない。

そこで・・・

DSC_0424

厚さ5mm、直径70mmのゴムパッドを用意。(写真左)

真ん中をくり抜いて代用しました。ちなみに右側が車両からはずしたゴム。

DSC_0425

うまい具合にぴったりはまりました。


ロードテストしてみるとゴトン!という音も解消して乗り心地がよくなりました




コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索