2018年03月12日

オイル交換は早めに定期的に

エンジンオイル交換は車のメンテナンスの中でも最も重要な項目の一つです。

エンジンオイルは高温・高圧・高回転と燃料を燃やした時の燃えかすやオイルを劣化させる成分の発生により汚れてしまいます。


この燃えかす(スラッジ)が溜まると潤滑性能が低下するばかりでなく、オイルの通路を塞いでしまい焼きつきなどのトラブルにつながります。

このような事を防ぐ為にも5000km走行または前回交換後半年の早い方でのオイル交換を推奨します。

メーカーでは10000kmや15000kmでの交換を推奨している車もありますが・・・

FB_IMG_1520856419174

エンジンからカタカタ音が出るようになったという事で入庫した車。

メーカー指定通り約10,000kmでしっかりオイル交換をしていたにも関わらず、エンジン内部スラッジがこびり付いてこんな状態に。。。( ゚ロ゚)!!

スラッジによってオイルの回りが悪くなったのが原因です。

こうならない為にも早めの交換が必要なんですね

オイル交換時にオイル添加剤やエンジン内部洗浄剤を併用するのもエンジンの健康維持に効果的ですよ。







=====================================

車ことなら町の身近なくるま屋さん
オートサービス・イトウ へ!

新潟市西区鳥原832-1
http://bubuya.com
無料電話 : 0066-9745-4117

=====================================




コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索