2018年09月

2018年09月21日

ブレーキペダルを踏んでも踏みごたえがなく効きが悪い。メーター内のサイドブレーキランプも点灯しているとの事で入庫したジムニー。

DSCN0167

ブレーキフルード(ブレーキオイル)が漏れて、リザーブタンク内のフルードの量が減ったことでランプが点灯しました。

ブレーキもスカスカ。すごく危険な状態でした。

18-09-08-14-01-31-057_deco

オイル漏れを起こしている箇所はココ。

後ろのブレーキパイプが腐食によって穴が開いてしまってます。

DSCN0170_1

このパイプを取り替えてブレーキフルードを補充、エアー抜き作業をして修理完了です。

バッチリブレーキが効くようになりました。


こういう腐食による故障は、塩害ガードなどの錆止め塗装を施すことで予防できます。

新潟の冬は塩カルでの塩害がありますからね。

冬になる前に塩害ガードの施工を検討してはいかがでしょうか?







2018年09月20日

今年もマイカー点検教室が開催されます。

IMG_1453

10月6日(土)13:30〜16:00
参加費無料で色々体験できますよ!さらにお土産まで ^o^

お子さんも楽しめるイベントなので、ご家族そろって参加してみませんか?


参加申込は↓を印刷してご利用下さい。

当店でも参加申込が可能ですよ!


当日は私もスタッフとしてお待ちしています



2018年09月19日

約15万kmでATFオートマオイル無交換のレガシー。

前もってコンタミチェッカーでAT内の異常摩耗検査をして、若干の摩耗はあるけど交換可能レベルだったのでトルコン太郎で全量入れ替えます!

DSCN0196

今回は20Lを使って内部洗浄と入れ替えをします。

DSCN0198

まずは5L入れ替えて新しいATFの洗浄効果を利用して内部のクリーニングを.....

真っ黒ですね~。奥の新油と比べると良くわかりますね。

DSCN0200

さらに5L入れ替えて再びクリーニング。

少し赤っぽくなりましたかね?

2回のクリーニングの後、レガシーのオートマオイル全量10Lを入れ替えます。

DSCN0208

ほとんど新油の色と同じになりました!

入れ替えた後もトルコン太郎のフィルターラインを通してクリーニングを10分。

DSCN0210

最後にオイル量をチェック&調整して作業終了。

試運転で変速ショックなどがないか確認後引き渡しとなりました。

過走行車の場合はコンタミチェックをすることで安心してATF交換ができますよ!












2018年09月18日

エンジンオイルの交換、バッテリーの交換、ブレーキを踏むとキーキー音がするという事での作業依頼。

ブレーキに関しては分解調整が必要となります。

IMG_1433

で、ふと点検ステッカーを見ると次回点検実施が過ぎてます。

という事でご依頼の作業をするなら1年点検を実施した方が良さそうですね!

上記の作業料金をほぼ同料金で総合的に点検できますので…^o^

IMG_1431

エンジンルーム内チェック。

エンジンオイルとバッテリーは交換しました。 その他は問題なし!

IMG_1450

ブレーキの鳴きはディスクパッドの​部分が擦れて起きる音。

角を落としてあげればあたりが滑らかになって抑制されます。

こちらも1年点検時にやる作業です。

タイヤの空気圧やワイパーゴムの状態などもチェックして完了!


トラブルを未然に防ぐという意味でも1年に1度は点検しましょうね


フロントガラスの助手席側の丸いステッカーで、点検時期を確認してみてくださいね‼️






2018年09月17日

マフラーを吊り下げるステーの部分が腐食で溶接が取れてマフラーが宙ぶらりんになった車。

左右のマフラーと分岐点の3か所がとれていて、分岐点だけ金属バンドで応急されてました。

左右のマフラーの損傷部分は溶接修理もバンドで固定も出来ない状況でした。

他店で相談したらリサイクルパーツを使っても約10万円かかると・・・

近々乗り換えるのでとりあえず何とかできないかという事で当店に相談に来られました。

DSCN0154

いろいろ考えて施した処置はコレ。

U字ボルト等を利用して車両のゴムサポートに固定してみました。

修理費用が約10分の1程度で済みました!

今回は応急的で良いとの事、ゴムバンドがイイ位置にあった事でこのような応急処置が出来ました。



記事検索