2008年06月

2008年06月26日

前日の”はやとん”からの情報によると最近の魚野川はパッとしないらしく『今週はパスしたほうがいいよ』という事らしい。ということで今回は山北方面に決定!!・・・・・と思ったけど小河川は超渇水の予感。『どうせ玉砕ならやっぱり魚野川だなっ』結局3週連続の魚野川釣行になりました。最初に入ったポイントでスレで鮎が1尾。  口にフッキングしてるけど喰った訳じゃないよなぁ~・・・
その後1バラシの後、沈黙・・・沈黙・・・沈黙ポイント移動するも沈黙・・・沈黙・・・沈黙タイムリミットは残り1時間、思い切って下流部へ移動。これが功を奏してようやくロッドが曲がってくれるサイズが来てくれました。   34センチのニジマス
ライン : ナイロン 8lbルアー : バスディ シュガーミノー70F

2008年06月22日

昨日は子供達を連れて岩室温泉 冬妻のほたるを見に行ってきました。冬妻と書いて『ふよつま』と読むようです。『ふゆつま』では無いんですね。岩室の温泉街の駐車場に車を止めて、10分ほど歩くとホタルの飛び交う沢に出ます。沢の上を緑色の光が右へ左へ上へ下へと飛び回ってとてもキレイです。道中車の中で寝てしまった次女もこれを見たとたん目が覚めて元気になりました。「ん~イイ体験をさせてあげれたな・・・」と我ながら良い家族サービスが出来たな~なんて。新潟市西区(自宅)から30分ほどのところにホタルの飛び交う沢があるというのも嬉しいものですね。こういう所はず~~~~と残って行ってほしいものです。現地にはそのための募金も募っているようなので行かれた方はご協力お願いします。    写真は現地で頂いた絵葉書です。
携帯で写真を撮ろうとしたけど、うまく写せませんでした。普通のカメラを持っていかないとダメですね。フラッシュ、ライトは厳禁です!!ホタルが驚いてしまうので・・・7月上旬頃まで見られるようですよ。『岩室温泉 冬妻のホタル』源氏ホタルは土の中から這い出て草の葉にとまり2,3日で結婚し、針の穴位の卵を500~700個水辺の草や葉や苔に産み付けて飛び立ちます。新しい命は約30日で孵化し幼虫となり水中で生活をします。カワニナを餌にし、5~6回脱皮を繰り返し約9ヶ月の水中生活を経て、翌年5月頃土の中に繭を作りサナギになり、40日で羽化し舞い飛びます。1週間~10日沢の上を飛翔し、この間、水だけで過ごし一生を終えます。雄は雌より小さく尻の光が三角形に光り、雌は体が大きく尻の光が帯状に光ります。光はホタルのラブコールです。羽化した雌は、土の近くの草の葉に止まって雄が近づくと光ってこれに応じます。ホタルの飛び舞う沢は、新潟市内で一番高い山、多宝山(633.8m)の麓から流れ出る「岩室祓川(いわむろはらいがわ)」と言います。ダムの周辺に冬妻の清水があり、沢沿い上流に聖人清水があります。その綺麗な清水でホタルは育っています。私たちはここに飛翔する「ホタル」を『冬妻のホタル』と呼んでいます。                                  (岩室温泉ホタルの会 広報紙より抜粋)

2008年06月18日

土曜日早朝に”はやとん”から魚野川モンスターの写メールが・・・ 60アップのレインボー
こ~んなの見せられたら居ても立っても居られないっす。仕事前にこんな刺激的なメールが来ると仕事どころじゃ・・・・・ということで日曜日は期待に胸膨らませて魚野川にGO!です。がっ!!痛恨の寝坊。。。。。6時釣り開始となりました。当然狙ったポイントには入れず、別のポイントに入ることに。なんか水が少ないなぁと思いつつキャストを繰り返していると見る見る内に水位が下がって来ました。案の定アタリもチェイスも無く意気消沈。下流に入っている”はやとん”も魚からのコンタクトは全く無いらしい。どうも悪い日に来てしまったようだ[emoji:e-262]魚野川を諦め、”はやとん”と共に支流へ入ることに。ところが支流も結構渋い。  20センチほどのヤマメ
股関節が痛くなるほど沢登りをして20センチ前後のヤマメ、イワナが数匹・・・最低二桁は釣れると思ったんですが。。。まあ釣果はともかくマイナスイオンをたっぷり吸って来たので気分は良かったですよ~  癒されるでしょ~?
それにしても年々川歩きがきつくなって来たナ。チャリでも買って軽~く運動しなきゃだな・・・

2008年06月11日

みなさ~ん、梅雨の準備はOKですか? 釣りじゃないですよ。今回は車の話です。 以前にも紹介した当社自慢の『GPコート』のお話です。 雨の日の夜間でもクリアな視界を確保して、より安全な運転を可能にするフロントガラスの撥水コート。 市販の撥水剤や他社のコーティングとの一番の違いは長期間効果が持続すること!! 通常約3年、ワイパー使用面・・・・・つまりフロントガラスで約1年効果が持続します。 フロントガラス1枚施工料が軽自動車で7,350円とチョット高めですが、1,000~2,000円出して年間に何度も何度も溶剤を塗らなきゃいけないコーティングに比べたら格安じゃないですか? 『本当に1年も持続するの?・・・・・』 とりあえず、去年の11月に施工した車両は今でも完璧に水を弾いて、夜間のギラつきも皆無です。 『ちょっと撥水効果が落ちてきたかな?』と感じたら、ガラスをキレイに洗えば撥水効果が復活します!   まずはガラスに水をかけ、スポンジに食器洗い洗剤を数滴含ませ泡立てます。
  泡立てたスポンジでかる~くウォッシング~
  最後に水で泡を洗い流せばくっきり視界と撥水効果が完全復活!!
11月に施工後、1回も再処理していないのにこの撥水力!しかも普通にワイパーも使用していてこの撥水です。 詳しくはHPで・・・ 宣伝でした。

2008年06月03日

2月にこのブログでご紹介した【ASI 創業39周年 サンキュ~ プレゼント企画】....... 遅くなりましたが対象者の集計も終わり、厳正な抽選を行いました。 私情が入らない様、抽選は我が家の二人の娘たちに託しました。その結果は・・・・・ chari  キャプテンスタッグ 折りたたみ自転車 1名様
当選者は江南区の etc  カルソニック製 ETC機器 1名様
当選者は西区の 他、発泡酒5名様。カップラーメン20名様。 随時連絡をさせていただき商品をお渡し致します。 当選された皆様、おめでとうございました。 今回は残念ながら当選されなかった皆様、申し訳ありません。 また秋頃にイベントを開催しようかと考えていますので宜しくお願いします。

記事検索