2018年04月12日

走行中に左前辺りからコトコト、大きめの段差があるとゴトン!と音がするセレナの修理のご依頼。

左前のショックアブソーバからオイル漏れがあります。

DSC_0420

この部品をリサイクルパーツに取り替えます。

DSC_0421
DSC_0422

取り替え後にロードテスト(試運転)

断続的に起こるコトコト音は解消しましたが、段差を越えるとゴトンという音はまだ残っています。

再度リフトで上げて足回りチェック。

18-04-12-19-58-33-163_deco

矢印部分のサスペンションメンバー(エンジンや足回りを支える土台)のゴム部分が損傷しているようです。

この型のセレナは良くある症状の様で、新車登録後9年まではメーカーで無償修理できましたが残念ながら補償切れでした。

しかもゴム部分だけで部品提供は無くメンバー丸ごと交換となるようで、修理費用は約8万円ほどかかってしまいます。

リサイクルパーツも対策後の物が来るか分からない。

そこで・・・

DSC_0424

厚さ5mm、直径70mmのゴムパッドを用意。(写真左)

真ん中をくり抜いて代用しました。ちなみに右側が車両からはずしたゴム。

DSC_0425

うまい具合にぴったりはまりました。


ロードテストしてみるとゴトン!という音も解消して乗り心地がよくなりました




2018年04月11日

普段ガソリンスタンドでオイル交換を実施しているけど「オイル漏れしてるんで車屋で直してもらった方がイイですよ」と言われてのご入庫。

確かにオイル漏れしてますね。

DSC_0348

DSC_0350

エンジンとトランスミッションの合わせ目から垂れて来てるようです。

オイルシールの交換が必要ですが、費用をかけたくないということでしたので・・・

DSC_0426

漏れ止め剤(ワコーズ:エンジンパワーシールド)を注入してみることに。

オイル交換時に一緒に注入することで、徐々にパッキンやオイルシール等のゴム製品を膨張させ漏れを防止します。

ということでエンジンオイルを抜くのですが

DSC_0349

ドレンコックが曲がった状態で締め付けられててネジ山が潰れちゃってました。(←バイト君がオイル交換したかな?)

DSC_0353

ドレンコックを交換して新しいオイルとパワーシールドを注入後、オイル汚れをキレイに洗浄して一旦引き渡し。

エンジンパワーシールドの効果で、次回オイル交換時にはオイル漏れは改善してることでしょう。




2018年04月10日

久しぶりにいい天気でしたね。

日課の朝の散歩も晴れてると気持ちイイ ちょっと寒いケド・・・

DSC_0414

近所の公園の桜は見頃です。

DSC_0415

旧線路道。 園児~中学生の絵画が展示されてます。

DSC_0416

で、ハナ。🐕

この旧電車道、青空ギャラリー付近からイオン青山まで(約5km)繋がってましたが白根方面にも延びました。

どこまで延びたのか暇な日曜日にチャリで走ってみよう

その前にチャリのメンテしなきゃだな。


記事検索